3D AOI検査装置 | 電子機器の回路設計~基板実装 / 筐体組立 / 調整のワンストップ対応のフェイス

EMS

3D AOI検査装置 EAGLE 3D 8800

AOI (Automated Optical Inspection)

3次元の映像データを使用して、PCBに実装された電子部品の状態、半田の状態を検査する光学的検査装置です。

         

EAGLE 3D 8800 : (株)ペントロンジャパン社製

3D AOI検査装置 EAGLE 3D 8800

2D AOI と 3D AOI の比較 (2D AOI = 二次元画像検査機)

2D AOI

2D AOIは基板の真上からカメラにて基板上の画像(凹凸)を取込み、色の濃淡に変換する方式である為上記の様なリード浮き不良は、良品判定に成ってしまう。

2D AIOでは、全ての不良を検出できない為、基板を水平方向から確認し、部品浮き、リード浮き等を検査する「目視検査」が必要に成る。

「目視検査」が必要
3D AIO

3D AIOは、8方向から測定した3Dデータにて、死角エリアを最小化し、2D AOI検査機の実装検査、光学文字検査、パターン検査など以外にリードの浮き等の検査も可能に成っている。

8-Way 投影 + 3段照明

モアレ測定法による、2D アルゴリズムと3D アルゴリズムを同時検査

目視検査と同じ「基板を水平から見た」状態が再現

傾きも検査可能

生産性

検査に要する工数も従来の「2D-AOI + 目視検査」に対し「3D-AOI」の処理能力は5.8倍となり、生産性向上が十分見込める。

①印刷機 ②マウンター ③リフロー装置 検査時間
現行 19秒 105秒 175秒 300秒
299秒
導入後 19秒 105秒 175秒 51秒
299秒

実装点数300点の基板1枚の工程別所要時間

表面実装ライン全体概要

表面実装ライン全体概要

参考 検査画像ビュー (メーカーホームページより)

  • BGA 3Dビュー
  • CSPパーツ傾きの測定
  • SOPパーツ フィレット部の測定
  • コネクター3Dビュー
  • ミラーフィニッシュパーツの傾き測定
  • ブローホール 3Dビュー
工場見学

各種御見積依頼

お問合せはこちら

当社へのお問合せは下記よりお願い致します。
お問合せはお電話、メールにて承っております。

TEL 042-759-4868

メールでのお問合せ

PAGETOP